老後への投資で人気なのは?不動産投資など具体例と成功のコツも

老後への投資で人気なのは?不動産投資など具体例と成功のコツも

「定年を迎える前に、老後に備えて何らかの投資を始めたい」そう真剣に考えている方は意外に多いのでないでしょうか?定年後は貯金や年金などを使って生活していくことになりますが、やはり老後の生活資金に対しては不安を持つ方が多いようです。

 

ここでは老後への投資について、具体例や不動産投資で成功させるコツなどをご紹介します。

人気なのは「FX」「株」そして「不動産」

老後への投資で人気なのはFX、株、投資信託、外貨預金、そして「不動産」です。たとえばFXや株などに投資する場合は、ある程度の専門的な知識が必要になってきます。将来的に有望な銘柄や投資の方法などを勉強しなければなりません。また、不動産投資の場合も同様に、立地や時期などを見極めた効果的な投資手段を用いることが大切です。

 

いずれの投資スタイルを見ても、リスクを最小限に抑えて正しい情報を得ることが最大のキーポイントなります。

 

資産形成を実践するなら「不動産投資」が最適

老後への投資手段は、個人の生き方や考え方によって異なるでしょう。たとえば、以前からFXや株などの興味がある方は老後への投資を兼ねて、投資を生涯学習として捉え、深く勉強したいと考える方もいます。

 

一方、マンション経営などの不動産投資に興味のある方は、実質的な資産形成を確実に行っていきたいと考える方がほとんどです。銀行の定期預金を見ても、金利はほぼゼロパーセントに近い状態ですが、不動産投資ではたとえ土地が高騰している東京都内でも、数%の利回りがあります。

 

不動産投資では出口戦略を忘れずに

不動産投資で最も重要なのは「出口戦略」をすること、つまり売却時のことを念頭に投資を捉えることです。たとえば初歩的な例として「住宅ローンを組む前に投資ローンを組んでおく」ことが挙げられます。その他、一つの情報だけに固執せず、複数の意見を参考にしながら決めることも大切です。あらゆる立場の人から、さまざまな視点で捉えたアイデアを取り入れるようにしましょう。

 

もちろん、マンション経営では家賃滞納や空室などのリスクも考えなければなりません。しかし、契約を妥協したり、あやふやな内容で了承したりしなければ、オーナーとして結果的に大打撃を受ける可能性も少なくなります。

 

まとめ

現役で仕事をしている間は一定の収入を得ることができますが、定年後はそれがなくなってしますよね。老後への投資としては株やFXをはじめ、投資信託、外貨預金などがありますが、安定した資金形成を目指す手段として不動産投資は外せないでしょう。

 

そして、老後は投資でお金が増えている間に海外でゴルフやカジノなどを楽しみながら、余暇を過ごすのも良いですね。たとえば、ブラックジャックルールを把握しておけば現地ですぐに遊ぶこともできます。老後の楽しみを不動産などの投資に乗せて、今からプランを立てておきましょう!