武蔵小杉のタワーマンションに住む筆者が台風19号当日の様子と翌日の被害状況を実体験をお伝えします!やはりタワーマンションは天災に弱いのか!?

台風19号によって武蔵小杉のタワーマンションが被害を受けたことが大きく報道されています。

甚大な被害をもたらした台風19号は、死者50人を超える規模にまで達し、まだ被害の全容はつかめておりません。

特に長野や栃木では河川の氾濫による水害がひどく、当分の間は、避難所生活を余儀なくされる方も多くおります。

首都圏エリアでも東京の世田谷区や神奈川県川崎市などで多摩川の氾濫などによる被害があり、建物への浸水被害や死者も出ています。

筆者が実際に住む武蔵小杉も浸水による被害が起き、乱立するタワーマンションの一部では電気がストップしてしまった物件もありました。

今回は筆者が実際に見たその被害状況を説明し、人気の高いタワーマンションに住むことは地震や台風などの天災を考慮してもありなのかどうか、不動産の側面からもタワーマンションに住んでいるからこそ分かる実体験をお伝えします。

続きを読む

REINS(レインズ)の仕組みと運営者について解説!レインズは個人では使うことはできない?

REINS(レインズ)という言葉を聞いたことはありますでしょうか?

不動産取引をする際には必須のサービスなので、不動産関連の仕事をしている人はよく使う言葉ではありますが、一般の人には縁がない言葉かもしれません。

不動産売買を検討している人は知っておいて損はないシステムなので、この記事で勉強してみてください。

具体的にこの記事では

  • レインズとはどんなサービスなのか
  • レインズを利用できるのは誰なのか
  • レインズで物件を検索する方法
  • 個人がレインズを利用するにはどうすればいいか

などについて説明していきます。

続きを読む

アパート経営でサラリーマンをリタイアして時間と自由を手にする方法

サラリーマンの方でアパート経営に憧れている人は多いのではないでしょうか?

今までの定年は60歳とされてきましたが、日本の少子高齢化や年金の問題もあり、再雇用で65歳や70歳まで仕事に就くサラリーマンが増えてきました。

仮に大学卒業から60歳まで働くと仮定すると勤続年数は48年、70歳だと58年も働かないといけない計算になります。

サラリーマンは給与が安定しているという大きなメリットがあるものの、通勤時間や会議など拘束される時間が多く、精神的なストレスも負担になります。

しかし、サラリーマンを辞めると時間的な自由や精神的な自由は得られるものの経済的な安定は手放なさなければなりません。

早期リタイアして、サラリーマンを辞めてしまっても退職金が多額出るわけではないので、結局経済的な問題から抜け出すことはできず、またサラリーマンに戻るケースや結局はサラリーマンを辞めるわけにはいかず、定年まで働く人が多いというのが日本社会の現状です。

この自由とお金のジレンマから解放されて、誰でもコツさえ掴めば成功を手にすることができるのが「不動産投資を用いた不労所得」です。

サラリーマンをリタイアしても同じだけの不労所得が入ってくるのが確定していれば会社を辞める踏ん切りも付きやすいですよね。

不動産の中でも、特にアパート経営を用いた投資で経済的、精神的、時間的な自由を手にする方法を紹介していきます。

続きを読む

外国税額控除とは何かをわかりやすく解説!外国税額控除を利用した節税策についても紹介

皆さんは「外国税額控除」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

海外で不動産を売却された方は、もしかすると確定申告の際に税理士から説明を受けたことがあるかもしれません。

外国税額控除は、非常に複雑な制度でありますが、海外の税務面の隙をついた節税になります。

個人の所得税や住民税、はたまた不動産を売却した際の譲渡税も日本税法上に則り、損益通算をすることができるトリックを持ちます。

しかし、一般に生活をする上では全く利用することがなく、実は税理士でも外国税額控除について理解が深い人はあまり多くなく、複数の税理士に同じ質問をしても返ってくる返答はそれぞれバラバラであるということもよくあります。

そこで今回は、実際に外国税額控除を利用したことがある不動産投資の専門家である筆者が外国税額控除仕組み、海外との税法の隙をついた節税スキームについてわかりやすく解説します。

続きを読む

埼玉県で不動産売却を成功するための方法と知っておくべき注意点

少子高齢化を背景に日本の人口は減少を続けており、それに伴って需要減退など負の影響を受けているのが不動産マーケットです。

しかし、東京に隣接する埼玉県は、不動産マーケットの中でも特殊な存在です。

不動産は人口密度の高いエリアほど、価格も高く、賃料も高くなります。

日本の人口は徐々に減少を続けていますが、東京の人口はこれからもしばらく増加を続くこと予想されています。

東京の不動産価格の上昇

に伴い、都内への通勤に便利な県南エリアの地価上昇に繋がっています。

そこで今回は、埼玉県で不動産売却を成功するための方法と知っておくべき注意点について解説します。

続きを読む

群馬県で不動産売却を成功するための方法と知っておくべき注意点

群馬県で不動産売却を成功するためにはどのような方法があるのでしょうか?

土地取引の基準となる基準地価によると、栃木県の地価は全用途の平均変動率で前年比0.8%減で、1993年から27年連続の下落となりました。

しかし、変動率がプラスの地点は前年の51地点から56地点に増加するなど徐々に回復基調にあります。

そこで今回は、群馬県で不動産売却を成功するための方法と知っておくべき注意点について解説します。

続きを読む

栃木県で不動産売却を成功するための方法と知っておくべき注意点

栃木県で不動産売却するためにはどのような方法があるのでしょうか?

土地取引の基準となる基準地価によると、栃木県の地価は下落基調に変わりませんが、住宅地の上昇地点が2018年より10地点多い48地点となり回復傾向にあります。

そこで今回は、栃木県で不動産売却を成功するための方法と知っておくべき注意点について解説します。

続きを読む

茨城県で不動産売却を成功するための方法と知っておくべき注意点

茨城県で不動産売却するためにはどのような方法があるのでしょうか?

茨城県における住宅地、商業地は、緩やかな景気回復や低金利などの影響で需要が高まり、長期の地価下落に底値感が出ています。

また、県庁は「下げ止まりの兆しが一層見えた」とも発表しており、不動産売却にとっては明るいニュースとなっています。

そこで今回は、茨城県で不動産売却を成功するための方法と知っておくべき注意点について解説します。

続きを読む

福島県で不動産売却を成功するための方法と知っておくべき注意点

福島県の不動産売却の市況はどうなっているのでしょうか?

東日本大地震の東京電力福島第1原発事故からの復興再生に向けた動きが加速している影響で、福島県の不動産司教も大きく変化しています。

そこで今回は、福島県で不動産売却を成功するための方法と知っておくべき注意点について解説します。

続きを読む

山形県で不動産売却を成功するための方法と知っておくべき注意点

山形県で不動産売却を成功するためにはどのような方法があるのでしょうか?

山形県の地価(基準地価)は、全用途(林地を除く)の平均変動率は依然として下落が続きていますが、下落幅は8年連続で縮小しました。

住宅地では、宅地需要が堅調な山形市が前年比3.0%で5年連続で上昇を記録しました。

全体的には人口減少などの影響で市部に比べて町村部の下落幅が大きいことが特徴です。

そこで今回は、山形県で不動産売却を成功するための方法と知っておくべき注意点について解説します。

続きを読む