ハウスクリーニングとは?料金相場、失敗しない業者選びについて解説!本当にオススメ業者3選も紹介

不動産を貸してアパートやマンション経営されている方(賃貸経営を考えている人でもOK)、あるいは現在お住いの家のハウスクリーニングをお考えの方、さらには現在入居している賃貸マンション、アパートを退去した時に敷金から引かれるハウスクリーニングの料金相場が気になる方など、ハウスクリーニングのアレコレは誰にとっても気になることです。

特にすでにハウスクリーニングを利用している人にとっては、今のハウスクリーニングの料金をもっと安くしたいと思っているはずです。

ハウスクリーニングは、いくつかの業者がサービスを行なっているので、しっかりと比較しないと、料金が高い業者に依頼してしまうかもしれません。

あとでも後悔しないためにも、ハウスクリーニングの料金相場はしっかりと把握すべきポイントです。

そこで今回は、不動産投資の専門家である筆者がハウスクリーニングの基本的な知識、料金相場、料金を安くする方法、業者の選び方などにについて客観的かつ公平に徹底解説します。

ハウスクリーニングの業者選びで失敗したくないと考えている人は、超オススメ記事なので、最後までご一読ください。

エアコンや浴室、レンジフードなど部分的にクリーニングを考えている人のためにも、部位別の料金相場も紹介します。

ハウスクリーニングとは?

ハウスクリーニングとは、その名の通り、住宅を清掃することです。

しかし、ただ清掃するのではなく、専門業者による住宅の清掃サービスのことを指します。

ハウスクリーニングには、定期的なサービスと単発的なクリーニングがあり、単発的なものでは、賃貸住宅などで入居者が退出した後の室内クリーニングがあります。

賃貸オーナーが空室になった部屋を次の入居者が入るまでに清掃してキレイにすることが目的で利用されることが多いです。

一般のご家庭でも大掃除をする際に依頼するケースがあるそうです。

定期的なハウスクリーニングは、毎週あるいは隔週など、期間を決めての清掃サービスです。

清掃する範囲は住宅全体に及ぶものから、エアコンや浴室など特定の部位に限定した清掃もあります。

ハウスクリーニングは、前者の単発的なクリーニングのケースが多く、その中でも、マンションやアパートの賃貸契約には、退去後にハウスクリーニングを行うことが含まれています。

ハウスクリーニングの費用は、退去時に返還する敷金や保証金から差し替えることがほとんどです。

このような背景からハウスクリーニングの料金相場は、賃貸経営されているオーナーだけではなく、借主である入居者にとっても重要なポイントです。

ハウスクリーニングを行う業者とは?

それでは、ハウスクリーニングを行う業者は、どのような会社があるのでしょうか?

ハウスクリーニングを行う業者は、住宅の清掃を本業としている専門の業者がほとんどです。

例えば、社名に「クリーニング」や「おそうじ」などの言葉が含まれる会社は、ハウスクリーニングを行なっている可能性が高いです。

その他には、引越し業者や便利屋(なんでも屋)がハウスクリーニングビジネスに参入しているケースもあります。

ここ数年で、ハウスクリーニングを行う業者が増えて、企業間の競争は激化していますが、利用者としては、比較検討できる業者が増えることは、料金の値下げに繋がる可能性があるのでメリットと言うことができます。

しかし、賃貸住宅の入退去が集中する3月や大掃除シーズンの年末は、ハウスクリーニングの業者にとっては、繁忙期になるので、例年その時期は料金相場が高く、予約も取ることが難しくなります。

ハウスクリーニングのサービス(作業内容)について

ハウスクリーニングの業者によってサービス(作業内容)は、それぞれ違いはありますが、一般的にハウスクリーニングと呼ばれているのは、マンションやアパートの室内をすべて(一戸建てあれば家ごと全部)を清掃することを指します。

サービスとしては、以下の部位を清掃してくれることが多いです。

  • 玄関
  • キッチン、ダイニング
  • 換気扇、レンジフード
  • 浴室、お風呂
  • トイレ
  • 洗面所、脱衣所
  • ベランダ、バルコニー
  • 窓、サッシ
  • 各部屋、廊下、階段など
  • エアコン(フィルター)

レンジフードやエアコンは、特に汚れやすく、清掃が難しい部分なのですが、業者に依頼するとキレイにクリーニングしてくれます。

また、外壁のクリーニング、床のワックスがけなどはオプションで別料金になる場合が多いです。

別料金のオプションには、以下のような内容があります。

  • 外壁
  • 清掃で出たゴミの処分
  • 天井、屋根裏
  • 床のワックスがけ
  • カビ防止コーティング(浴室など)
  • 畳張替え(表替え)

ちなみですが、キッチンの油汚れが気になる方、お風呂のカビや水垢を落としたい方は、ハウスクリーニングを行うことで、ある程度はキレイにすることができますが、キッチンクリーニングや浴室クリーニングの専門業者が別で存在するので、個別のクリーニング業者に依頼した方がさらにキレイになります。

マンション、アパートの室内クリーニングの料金相場について

マンション、アパートの室内クリーニングの場合、部屋の広さや間取りにもよりますが、料金相場は以下の通りです。

当然ですが、部屋が広くなるにつれて作業箇所が増えるので、比例して料金も高くなります。

間取り 料金
ワンルーム、1K 10,000~20,000円
1DK、1LDK 20,000~40,000円
2DK、2LDK 30,000~60,000円
3DK、3LDK 50,000~80,000円
4DK、4LDK 70,000~120,000円
5LDK〜 要相談

※上記の一覧は、あくまでも目安であり、複数の業者が提示している料金を参考にしています。

また、上記の料金相場は空室のマンション、アパートを想定しています。

居住中のマンション、アパートの場合は料金が異なります。

居住中のマンション、アパートのハウスクリーニングの料金相場は?

居住中のマンション、アパートの部屋は、空室の場合と比べて料金が高くなります。

それには以下のような理由があります。

  • 居住中の場合、家具などがあり養生が必要なため
  • 同じように、家具などがある場合、作業の難易度が上がるため
  • 作業時間が制限されるため(訪問時間の指定など)

居住中の部屋をハウスクリーニングする場合、空室の料金相場に20〜30%ほど料金が加算されます。

間取り 料金
ワンルーム、1K 12,000~26,000円
1DK、1LDK 24,000~52,000円
2DK、2LDK 36,000~72,000円
3DK、3LDK 60,000~104,000円
4DK、4LDK 84,000~156,000円
5LDK〜 要相談

※上記の一覧は、あくまでも目安であり、複数の業者が提示している料金を参考にしています。

部位別のハウスクリーニングの料金相場について

部屋全体(住宅全体)ではなくキッチンの油汚れ、お風呂のカビや水垢など、部位に限定したハウスクリーニングを希望される方も多いと思います。

そのような特定の部位に限定したハウスクリーニングの料金相場について解説します。

部位 料金
床(ワックス込み) 8,000~15,000円
エアコン(一台あたり) 12,000~15,000円
トイレ 8,000~12,000円
洗面所(脱衣所) 8,000~12,000円
浴室(お風呂) 15,000~20,000円
キッチン 15,000~30,000円

※上記の一覧は、あくまでも目安であり、複数の業者が提示している料金を参考にしています。

室内クリニーングと比較すれば一目瞭然なのですが、部位別のハウスクリーニングは割高であることがわかります。

ハウスクリーニングは、そもそも部位別ではなく全体を清掃することを前提として価格体系を組んでいるので、部位別で依頼すると高くなる傾向にあります。

一戸建て住宅のハウスクリーニングの料金相場について

一戸建て住宅のハウスクリーニングは、マンションやアパートの室内クリニーングと基本的に同様のサービスを受けることになります。

ただし、一戸建て住宅の場合、マンションやアパートとは違い、廊下や階段の面積が大きくなるため、その分だけ割高になります。

また、2階建ての住宅で、1階と2階にそれぞれトイレがあると、基本サービスではトイレの清掃は1ヶ所のみになっていることが多いので、2つ目以降の清掃はオプション扱いになります。

ハウスクリーニングの費用を安くする方法とは?

ハウスクリーニングの費用をどのように安くするかは多くの人にとって気になるポイントではないでしょうか。

ここでは誰でもできるハウスクリーニングの費用を安く抑える方法を解説します。

閑散期のタイミングで依頼する

ハウスクリーニングの業者にとって、賃貸住宅の入退去が集中する3月や大掃除シーズンの年末は繁忙期になるため、例年その時期は料金相場が高くなります。

また、エアコンのクリーニングの依頼が多くなる6月も料金が高くなる傾向にあります。

上記のような繁忙期を避けて、8月〜11月にハウスクリーニングを依頼するのが一番のオススメです。

急いで不動産を売却しないといけない、次の借り手がすでに決まっているなどの特別な事情がない限りは、繁忙期を避けて閑散期にハウスクリーニングすることが費用を安くすることができます。

自分でできる所は自分で清掃する

マンションやアパートの室内をすべて(一戸建てあれば家ごと全部)を清掃してくれるハウスクリーニングの場合、自分でできることは少ないのですが、追加料金が発生しないために、ハウスクリーニングで出たゴミは自分で処分したり、駐車場の清掃は自分で行なってりすることが大切です。

自分でできる所は自分で清掃して、追加でオプション料金が発生しないようにすることが費用を抑えることに繋がります。

複数のハウスクリーニング業者からの相見積もり

ハウスクリーニングを行う業者は増えているので、1社だけに頼るのではなく、複数の業者を比較検討することが大切です。

サービス内容、価格など気になるポイントはすべてチェックすることをオススメします。

また、見積もりは複数社に依頼することが基本中の基本です。

価格交渉において、他社の見積もりがあるだけで交渉を有利に進めることができます。

特に賃貸経営をされている方は、長く付き合うことができる業者を探すためにも慎重に業者選びをしましょう。

失敗しないハウスクリーニング業者の選び方について

失敗しないハウスクリーニング業者を選ぶためには、以下の3つのポイントをチェックしてください。

一つでも当てはまる業者は、かなり怪しいので控えることをオススメします。

料金相場より安い業者は怪しい

最近では、ハウスクリーニングを行う業者が増えたので、どの会社も集客にかなり注力しています。

お客さんから少しでも魅力的に思われるために価格の安さを前面に打ち出した広告で集客を目指す業者も多いです。

しかし、料金相場より安い業者には注意が必要です。

すべての業者が悪いわけではないのですが、このような業者の中には、最低限の基本サービスは安い価格で請け負って、オプションをいっぱい追加させて儲けようと考えている所もあります。

他には、業者が現場を確認をした結果、汚れの程度によって料金が加算されるケースもあります。

安さを謳う業者には必ずと言っていいほどカラクリがあるので注意が必要です。

損害保険加入の有無を確認する

ハウスクリーニングは、住宅の中に入って、部屋全体(住宅全体)を清掃する大掛かりな作業です。

そのため、部屋が清掃道具などで傷付いたり、汚れたりすることが絶対にないとは言い切れません。

所有物件であれば、傷や汚れによって、自分が保有する資産価値を下げることに繋がります。

そのような事態に備えて、ハウスクリーニング業社の多くは損害保険に加入しています。

ちゃんと損害保険に加入している業者は、それだけで良心的で信頼できる業者と言っていいかもしれません。

料金相場より安く運営している業者は、このようなリスクを考えずに損害保険に加入していない可能性があります。

大事なのは誰がハウスクリーニングをやってくれるのか

ハウスクリーニングはロボットや機械が清掃するのではなく、人間が汗水流して提供するサービスです。

所有物件であれば、自分の大事な資産を清掃するわけなので、どのような人が来るのか気になるはずです。

大手であれば、作業がマニュアル化されているので、誰が来ても基本的には同じようなサービスになると思うのですが、小規模の業者に依頼する時は、可能であれば、どのような人が来るのか事前にチェックしましょう。

ホームページに写真などを掲載している業者も多く、どのような人が来るのか、雰囲気だけでもわかると安心するものです。

また、予約する際に、ヒアリングすることも有効な手段です。

どのような人柄で、何を得意としているかなどを聞いてしっかりと回答してくれる業者であれば信頼していいでしょう。

この確認をしっかりと行わないと、雇ったばかりのアルバイトが派遣されて、中途半端なスキルで清掃されてトラブルに発展するケースもあるそうです。

専門家が本当にオススメするハウスクリーニング業者3選

おそうじ本舗

「おそうじ本舗」は、HITOWAライフパートナー株式会社が運営するハウスクリーニング業者です。

全国に1,400店舗以上を展開して、 2018年は約30万件の清掃業務を行った実績があります。

価格は1K/1DKの部屋で24,000円〜と決して安くはないですが、ハウスクリーニング業界No.1の実績を誇る会社なので安心して任せることができます。

ダスキン

「ダスキン」は、株式会社ダスキンによって運営されています。

超有名企業なので利用したことがなくても名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。

ハウスクリーニングの他にも、ミスタードーナツやモスドなどの運営も行なっています。

ダスキンは、1971年からハウスクリーニングのサービスを開始して、日本におけるハウスクリーニングの草分け的な存在です。

現在、全国に1,000店舗以上を展開して、数多くの実績があります。

価格は1K/1DKの部屋で24,000円〜設定されています。

ダスキンも安いサービスではありませんが、確かな実績があるためオススメのハウスクリーニング業者です。

KAJITAKU(家事の宅配)

「KAJITAKU(家事の宅配)」をご存知でしょうか?

おそうじ本舗やダスキンと比べると、あまり聞き馴染みのないハウスクリーニング業者かもしれません。

KAJITAKUは、イオングループの株式会社カジタクが運営しているハウスクリーニング業者です。

ハウスクリーニング 以外にも、家事代行、宅配クリーニングなどのサービスを実施しています。

KAJITAKUは、おそうじ本舗とダスキンのような大規模なハウスクリーニング を行なっておらず、部位別のハウスクリーニング を得意としています。

「大掃除サービス4ヶ所セット」は、特に汚れが気になる浴室、レンジフード、キッチン、トイレ・洗面台の4ヶ所を徹底的に清掃するユニークなサービスです。

また、花王と提携して、使用する洗剤にもこだわっています。

大手リテールグループのイオンが運営するサービスというポイントも評価が高いです。