不動産ジャパンとは?サービス内容や仕組み、使い方、評判、レインズとの違いに至るまで解説!

「不動産ジャパン」という言葉をご存知でしょうか?

全国の不動産会社が利用しているREINS(レインズ)の存在なら知っている方も多いはずです。

しかし、公益財団法人流通推進センターが運営する不動産ジャパンは一般的にあまり知られていません。

不動産売買、賃貸などをご検討されている方は、情報収集のために不動産ジャパンもご利用することをオススメします。

そこで今回は不動産ジャパンについて、サービス内容や仕組み、使い方、評判、レインズとの違いも含めて解説します。

不動産ジャパンとは?

自宅を買ったり、借りたりする場合、不動産会社に相談して物件を紹介してもらったり、新聞のチラシなどで販売情報を見たり、オープンハウスの看板を見て物件を内覧したりするなど、様々な方法がありますが、現在の物件探しの主流は、インターネットを使うことです。

アットホームやSUUMOなど過去にインターネットを使って不動産を検索した経験は多くの方があるはずです。

その中で「不動産ジャパン」というサイトをご存知でしょうか?

不動産ジャパンとは不動産売買、賃貸などに関する情報や知識を得ることができる不動産サイトです。

不動産に関する基礎知識、物件情報、価格相場、不動産会社などを調べることができます。

不動産売買、賃貸などをご検討されている方は、情報収集のために不動産ジャパンを活用することをオススメします。

しかし、不動産ジャパンは、アットホームやSUUMOなどと比べると、あまり知られていない存在です。

その理由は不動産ジャパンは、アットホームやSUUMOなどのように民間企業が運営しているのではなく、公益財団法人不動産流通推進センターが安心・安全な不動産取引をサポートするために運営している不動産サイトだからです。

アットホームやSUUMOなどは、営利目的で活動しているので、認知を高めるためにテレビCMなどの広告で馴染みがありますが、不動産ジャパンは宣伝活動をすることはありません。

ただし、不動産ジャパンは民間企業ではないため第三者の立場から情報の公平性が担保されています。

不動産ジャパンとレインズの違いとは?

不動産ジャパンは、「レインズ」と混同されることが多いのですが、レインズとは、「Real Estate Information System」の略称で、全国の不動産会社が物件情報を検索するサイトです。

不動産ジャパンと同じ公益財団法人不動産流通推進センターがレインズを運営しています。

レインズを使うためには、宅地建物取引業者の免許が必要です。

そのため一般の方が使うことは許されていません。

多くの不動産会社では、レインズを使って物件を検索してお客様に紹介しています。

また、売却や賃貸募集を不動産会社に依頼した場合も、不動産会社はレインズに物件情報を登録することで買主や借主を募集します。

不動産ジャパンとレインズの最大の違いは、不動産ジャパンは販売情報のみ掲載されていますが、レインズは不動産業界の関係者のために販売情報の他にも成約情報なども掲載されていることです。

不動産ジャパンは、何ができるのか?

それでは一般の方でも閲覧できる不動産ジャパンは、どのようなことができるのでしょうか?

下記は不動産ジャパンが提供している主なサービス内容です。

  • 物件検索サービス
  • 不動産会社検索サービス
  • 物件周辺の環境や不動産関連の税金などの解説
  • 不動産に関する情報コンテンツ

物件検索サービス

全国のほぼ全ての不動産会社が不動産ジャパンに加入しています。

そのため不動産ジャパンは、北海道から沖縄まで、日本全国の不動産情報を網羅しています。

不動産ジャパンのビッグデータには、11万件以上の物件が登録されています。

売買・賃貸物件ともに検索することができます。

不動産会社検索サービス

先ほどすでに述べた通り、不動産ジャパンには、全国のほぼ全ての不動産会社が登録しています。

そのため自分に合った不動産会社を検索することができます。

例えば、地名や路線から不動産会社を検索すると、五十音順で、条件に沿った不動産会社の情報が出てきますので、会社のホームページと照らし合わせながらチェックすることで自分に合った不動産会社を探すことがでできます。

全国のほぼ全ての不動産会社が登録しているからこそできる便利なサービスです。

物件周辺の環境や防災・防犯などの解説

新しく住居用の物件を探している場合、物件周辺の環境は気になるポイントです。

特にファミリー層や女性の一人暮らしの方は、街全体の治安に関わる防災・防犯などの情報は物件選びの重要なチェック事項です。

不動産ジャパンの「住まい探しのお役立ち情報」には、地域情報、防災・防犯関連情報などを確認することができます。

下記は確認できる主な内容です。

  • 住環境
  • 防災・防犯関連情報
  • 地域情報
  • 子育て支援サービス
  • 住宅関連の助成金
  • 価格相場・取引動向

不動産に関する情報コンテンツ

不動産ジャパンには、不動産に関する知見を深めることができる記事やコラムが多数掲載されています。

「住まい探し講座」を読めば、初心者でも不動産の基礎知識を身に付けることができます。

また、「不動産トピックス」には、不動産に関わる最新情報が掲載されています。

例えば、物件を購入・所有・売却に関わる税金の最新情報も知ることができます。

不動産ジャパンの使い方

不動産ジャパンの使い方はとても簡単です。

物件を検索した場合、地名や路線から絞り込み検索、あるいはキーワードで入力検索することができます。

下記は主な検索項目です。

  • 地域名
  • 価格帯
  • 専有面積
  • 築年数
  • 最寄り駅徒歩(分)
  • 間取り
  • 画像・図面の有無
  • 特徴
  • インスペクション・性能評価・履歴
  • 部屋の位置
  • 設備
  • 環境
  • 条件
  • バス・洗面
  • セキュリティ
  • 冷暖房
  • バルコニー

これらの項目を毎回チェックするのは手間になるので、「検索条件をマイリストに保存」のボタンをクリックすることで検索条件を固定することができます。

2回目以降は、項目を入力することなく一発で閲覧できるようになります。

まとめ

ここまで不動産ジャパンについて、サービス内容や仕組み、使い方、評判、レインズとの違いも含めて解説してきました。

不動産ジャパンとは不動産売買、賃貸などに関する情報や知識を得ることができる不動産サイトです。

不動産会社が利用するレインズとは異なり、成約情報などは不動産ジャパンでは確認することはできません。

あくまでも販売情報や賃貸募集しか見れません。

しかし、不動産ジャパンで何度も物件情報を確認していると、その周囲の価格相場を理解することができるようになります。

不動産を購入するにしても、売却するにしても、不動産会社の提案通りに進めるのではなく、自ら価格相場を理解していれば、適正価格で購入、売却することができます。

まずは不動産ジャパンを利用して、不動産に関する知識を身に付けることが重要です。