不動産ジャパンのサービス内容と評判を調査!レインズが使えなくても全国の不動産を探せる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

不動産ジャパンという言葉を聞いたことがありますでしょうか?

不動産会社が利用することが多いREINS(レインズ)の存在は知っている方が多いのですが、公益財団法人不動産流通推進センターが運営する不動産ジャパンは一般的にはあまり馴染みがありません。

不動産の売買、賃貸などを検討している方は、情報収集のために不動産ジャパンをご利用することをオススメします。

具体的に、この記事では

  • 不動産ジャパンとはどんなサービスなのか
  • 不動産ジャパンは誰が利用できるのか
  • レインズとの違いについて
  • 不動産ジャパンで知ることができること

などについて解説したいと思います。

不動産ジャパンとレインズってなに?

自宅を買ったり、借りたりするときは、不動産会社に相談して物件を紹介してもらったり、新聞のチラシなどで販売情報を見たり、オープンハウスの看板を見て物件を内覧したりするなど、様々な方法がありますが、現在の物件検索の主流は、インターネットを使うことです。

SUUMOやヤフー不動産、アットホームなど様々な不動産ポータルサイトがありますが、「不動産ジャパン」というサイトご存知でしょうか?

不動産ジャパンは、不動産売買、賃貸などに関する情報や知識を得ることができる不動産サイトです。

不動産に関する基本的な知識、相場のリサーチ、不動産会社の検索などができます。

不動産ジャパンは、公益財団法人不動産流通推進センターが安心・安全な不動産取引をサポートする目的として運営されております。

民間の営利法人ではありませんので、第三者の立場から情報の公平性が担保されています。

一方、レインズとは、不動産会社が物件情報を検索するサイトです。

「Real Estate Information System」の略称で、不動産ジャパンと同じ公益財団法人不動産流通推進センターによって運営されていますが、レインズの利用には、宅建業者の免許が必要になりますので、一般のユーザーがアクセスすることはできません。

不動産会社は、レインズを通して物件を検索して、お客様へ紹介することが圧倒的に多いです。

売却や賃貸募集を不動産会社に依頼した場合、不動産会社はレインズに物件情報を登録して、買主や借主を募集します。

また、不動産ジャパンは販売情報のみ掲載されていますが、レインズは販売情報の他にも成約情報なども掲載されています。

中古不動産の売買は、価格交渉が行われることが一般的であるため、販売価格と実際の成約価格に乖離が発生することが多いのですが、物件の相場を調べるためには、成約データも同時に確認することができるレインズの方が精度が高いです。

不動産ジャパンは、何ができるのか?

不動産ジャパンが提供しているサービスは以下の通りです。

物件検索サービス

不動産ジャパンは、全国のほぼ全ての不動産会社が加入しているため、北海道から沖縄まで日本全国の不動産情報を網羅しています。

物件数は、常時11万件ほどの登録があり、売買・賃貸物件ともに検索することが可能です。

不動産会社検索サービス

地名や路線から不動産会社を検索することができます。

五十音順で、条件に沿った不動産会社情報が出てきますので、興味のある会社のホームページを並行して見ながら問い合わせすることができます。

不動産会社の検索も全国対応しており、北海道から沖縄まで網羅しています。

取引相場、住環境、税務面の確認

取引相場は、公示地価やレインズの取引事例から周辺エリアの相場を確認することができます。

また、特にファミリー層には気になる物件周囲の防災、防犯関連情報や地域情報についても確認可能です。

その他にも、物件を購入、所有、売却に必要となる税金の説明もあります。

不動産に関する情報コンテンツ

不動産ジャパンには、不動産についての知見を深めることができる記事やコラムが多数掲載されています。

「住まい探し講座」を読めば、不動産に関する一通りの流れや知識を身につけることができます。

また、「不動産力チェック」では、不動産を買ったり、売ったりするためには必要な知識を15問の質問に答えることでチェックすることができます。

不動産ジャパンの使い方

不動産ジャパンの使い方はとても簡単です。

物件を検索する際は、地名や路線から絞り込み検索、あるいはフリーキーワードで入力検索することができます。

また、マイリスト登録することで、気になる物件を保存することができます。

以下は、主な検索可能な項目です。

  • 地域名
  • 最寄り駅徒歩(分)
  • 価格帯
  • 専有面積
  • 築年数
  • 特徴
  • 部屋の位置
  • 間取り
  • 設備
  • 環境
  • 冷暖房
  • セキュリティ
  • バルコニー

これらの項目を毎回チェックするのは手間になるので、「検索条件をマイリストに保存」のボタンをクリックすることで検索条件を固定することができます。

【まとめ】不動産売買を考える際は、不動産価格をしっかり調べよう

冒頭に述べたように、不動産ジャパンは、成約情報を検索することはできず、販売情報・賃貸募集しか見ることはできません。

しかし、何度も検索をしていると、その周囲の相場を理解することができるようになります。

不動産を売却するにしても、購入するにしても、不動産会社の提案通りに進めるのではなく、自分自身で不動産の相場を理解した上で、適正価格で売却、購入することが重要です。

まずは、不動産ジャパンを利用して、不動産に関する基礎知識を身につけることをオススメします。

これで損しない!不動産売却を成功させるための賢い不動産一括査定サイトの活用術

不動産一括査定サイトを運営している会社はすでに数多くあり、筆者が知っているだけでも30以上のサービスが存在しています。

不動産査定を依頼するにあたり、どの不動産一括査定サイトを利用すべきか迷っている方は、これから紹介する「不動産一括査定サイトの活用術」を試してみることをおすすめします。

その活用術とは、不動産一括査定サイトを3つ以上を組み合わせて利用する方法です。

不動産一括査定サイトによっては、マンションに特化したサービス、地方を得意とするサービスなど、それぞれ特色があります。

査定を依頼すること自体は、どの不動産一括査定サイトを利用しても無料なので、必ず3つ以上のサービスを利用することで適正価格を出してもらいましょう。

サービスの特性を理解して上手に組み合わせることが大切

上述した通り、不動産一括査定サイトによって、マンションに特化したサービス、地方を得意とするサービスなど、それぞれ得意ジャンルがあります。

各サービスの特性を理解した上で、上手に組み合わせて使うことが大切です。

オススメの組み合わせは、全国1,900社の不動産会社と提携する「イエウール」、大手不動産会社6社が共同運営する「すまいValue」とNTTグループ(株式会社NTTデータ・スマートソーシング)が運営している「HOME4U」です。

この3つのサービスを利用することで以下のようなメリットを得ることができます。

  • イエウール」は全国1,900社の不動産会社と提携する日本最大の不動産一括査定サイト
  • イエウール」は、地方の小さな市町村でも査定に対応してくれる
  • HOME4U」はNTTグループ(株式会社NTTデータ・スマートソーシング)が運営しているため安心して使うことができる
  • HOME4U」は2001年に日本で初めてインターネットでの不動産一括査定サービスを開始しており、取扱件数の実績が豊富である
  • 「すまいValue」は三井不動産リアリティ(三井のリハウス)、住友不動産販売、三菱地所ハウスネット、野村不動産アーバンネット(野村の仲介)、東急リバブル、小田急不動産の大手6社が運営している
  • 「すまいValue」のみ大手6社に依頼することができる

3つのサービスに査定を依頼することは、入力などに手間がかかってしまうとデメリットに思われがちですが、イエウール、すまいValue、HOME4Uの入力にかかる時間は3つ合わせてもたった2〜3分程度で完了します。

不動産売却を成功させるためには、複数のサービスに査定を依頼して適正価格を知ることは大切なことです。

イエウール

サービス開始時期 2014年
取扱件数 24,192件
対象エリア 全国
提携会社数 1,900社
同時依頼数 6社
運営会社 株式会社Speee

イエウールは、大手不動産会社や地元密着型の優良不動産会社が1,900社以上も参加している日本最大の不動産一括査定サイトです。

参加している不動産会社が多いことは、つまりあなたの物件を得意とする不動産会社が見つかりやすいです。

後ほど、紹介するHOME4UやすまいValueは、都心部では強いですが、地方の市町村になると、査定できないことがあります。

イエウールは、全国どこでも査定に対応してくれます。

また、AI(人工知能)によるチャット機能を導入しており、たった45秒で査定が完了します。

イエウール公式サイト

HOME4U(ホームフォーユー)

サービス開始時期 2001年
取扱件数 70,587件
対象エリア 全国
提携会社数 1,300社
同時依頼数 6社
運営会社 株式会社NTTデータ・スマートソーシング

NTTグループ(株式会社NTTデータ・スマートソーシング)が運営しているHOME4Uは、2001年に日本で初めて不動産一括査定サイトのサービスを開始しました。

HOME4Uは、大手不動産会社だけではなく、NTTグループのネットワークを活用して地方の中小企業や個人経営の不動産会社との提携も積極的に行なっています。

不動産業界のように古くからある業界には、特殊なルールや縄張りなどがあります。

例えば、A地域は○○不動産が強い、B地域は××不動産が強いということが存在します。

不動産売却を成功に導くためには、三井や三菱、住友などの大手不動産会社だけではなく、同時に地方の中小企業や個人経営の不動産会社にも依頼することが重要です。

HOME4Uは、大手不動産会社から地域に精通した中小不動産会社まで約1,300社と提携しており、すまいValueと併せて査定依頼することをおすすめします。
HOME4U公式サイト

すまいValue(すまいバリュー)

サービス開始時期 2016年
取扱件数 115,967件
対象エリア 全国
提携会社数 6社
同時依頼数 6社
運営会社 三井不動産リアリティ株式会社(三井のリハウス)、住友不動産販売株式会社、三菱地所ハウスネット株式会社、野村不動産アーバンネット株式会社(野村の仲介)、東急リバブル株式会社、小田急不動産株式会社

すまいValueは三井不動産リアリティ(三井のリハウス)、住友不動産販売、三菱地所ハウスネット、野村不動産アーバンネット(野村の仲介)、東急リバブル、小田急不動産の大手6社に唯一依頼することができる不動産一括査定サイトです。

大手6社の取扱件数は、全体の40%を占めています。

つまり不動産売買を検討している人の2〜3人に1人は三井不動産リアリティ株式会社(三井のリハウス)、住友不動産販売株式会社、三菱地所ハウスネット株式会社、野村不動産アーバンネット株式会社(野村の仲介)、東急リバブル株式会社、小田急不動産株式会社のいずれかは利用していることになります。

日本の不動産売買は大手不動産会社に大きく偏っていることがよくわかります。

大手不動産会社は抜群の知名度を活かして販売活動を展開して、多くの買主をリストに抱えているため、売主にとっては販売を依頼しやすいです。

不動産の査定を検討している場合、すまいValueには絶対に依頼すべきです。

すまいValue公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
友だち追加

コメントを残す

*